salon market
オンラインショップ

【ご夫婦開業!】新座美容室工事vol.2 内装仕上げ編

 

前回着工の様子をお届けした「新座市の美容室工事」
今回は”内装仕上げ編”として、できあがった壁に塗装したりクロスを貼ったり実際の店舗が完成するときの仕上げの様子をお届けしていきます🌼

 

前回の着工ブログを見ていない方は、先にチェックしてみてくださいね↓

 

 

形ができあがった状態で一度お客様と確認作業。

 

節目で確認に来ていただくことで「やっぱりここをこうしたい」といったお客様のご要望を聞くことを大切にしています!

 

図面だけではわからない感覚的な寸法であったり、壁の色味だったり、、
実際に目で見ていただくと分かりやすいし、お店の出来上がっていく様子をSNSにアップしていただくことでオープン前からのお客様獲得にも繋げられます!

 

 

 

出来上がった壁に、下地処理をしていきます。
このまま塗装してしまうと壁(ボード)のつなぎ目の隙間に入り込んで、へこんだり線が入ったように見えてしまいます😓

 

 

 

パテが終わるとこんな感じ。
隙間が埋まってフラットな状態になっています。

 

 

 

パテが乾いたら、やすりをかけてさらにフラットな状態にして、塗装をしていきます。

 


今回は「漆喰」を塗装です。
「呼吸する壁」といわれる漆喰は、湿度調整・防火対策・抗ウイルスの機能を持っているとても優れた材料です!

 

マツエクブースの壁に「パステルパープル」の漆喰を塗装。
乾く前は結構濃いめのパープルです。
仕上げ方もお客様と確認しながら!

 

 

思い出作りにお客様にも体験していただきました。

 

 
 

 

 

シャンプー台の周りの壁は白い漆喰を塗装しました。

 

 
 

 

窓際の壁は「モルタル塗装」
すこし動きをつけたデザインにしていきます。

 

 
 

バックルームなどはクロスでコスト削減。
魅せるべきところは、本物の塗装でメリハリをつけたデザインとなりました。

 

 

次回は最後の総仕上げ、器具取付などメインにお届けしていきます!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です